地球の歩き方

閉じる

日本へ持ち込んではいけないもの

関税定率法という法律やワシントン条約によって海外から日本へ持ち込めないものが決められている。麻薬や銃火器のようなものは論外として、旅行者が知らずに持ち込んでしまいがちなものを下記にあげておこう。

コピー商品

いわゆる有名ブランドのニセモノ。本物と信じて購入したものであっても、税関でニセモノと判明したら持ち帰ることはできない。これは罪に問われることはないが、ニセモノと知りながら日本に持ち込もうとすれば犯罪となる。値段が異常に安かったり、購入した店が怪しげだったりした場合はニセモノであることが多い。ブランド品は、直営店などしっかりした店で購入すること。

ワシントン条約で定められたもの

絶滅する恐れがある動植物の保護を目的に、輸出・輸入を規制するワシントン条約で定められている毛皮、皮革製品、象牙製品などが対象となる。トラやヒョウといったネコ科の動物の毛皮、ワニやトカゲなどは虫類の皮で作られたものは規制の対象。これらは製品化されているものだけでなく、生きている動物も同様。
外国で購入する際に問題ないと言われても、税関で規制対象品と判明すれば、(1)その場で放棄する、(2)自分で費用を負担し、現地に送り返す、(3)正式に輸入許可を得るまで有料で業者に預かってもらう、のうちのいずれかを選択しなくてはいけない。これらの商品を購入する場合は、信用できる業者を選ぶこと。また、ワシントン条約にふれそうなものは買わないことが一番。

食品、植物

肉製品(ハム・ソーセージ、点心など)、果物、植物の種、土のついた花などは、そのまま持ち込むことはできない。製品によっては現地(出発地)で検疫を受けており、日本への持ち込みが許可されているものもあるが、それ以外のものは基本的にすべて持ち込みが禁止されているので要注意。例えば、東南アジアから現地の果物や花をおみやげに買ってこようと思っても、残念ながら家には持ち帰れない。これは、日本国内に存在しない寄生虫や病原菌を国内に持ち込ませないための、検疫上の対策。
肉製品も同様で、輸出国政府機関発行の検査証明書のあるもの以外は、国内に持ち込めない。ただし、魚製品は規制対象外になっている。

帰国のための知識
旅の準備と手続きTOP