地球の歩き方

閉じる

海外での犯罪被害への対処法

旅先でトラブルに巻き込まれるなどということは想像したくはないが、万一の場合にきちんと備えておきたい。危機管理というと少々大げさかもしれないが、自分の身は自分で守るというのが原則。常に行動には注意を払うことで結果的には犯罪被害に遭遇する確率も低くなる。日本人は海外で狙われていると言われるのは、実は日本人の危機管理意識の低さが指摘されているということなのだ。

トラブルとその対処法

海外で日本人が遭いやすいトラブルとその対処法は下記の通り。

盗難

対処法:警察に届け、事故証明書を作成してもらう。
対策:荷物の管理を徹底する。必要のない貴重品は持ち歩かない。

パスポート紛失

対処法:警察に届け、紛失・盗難届出証明書を作成してもらう。
対策:パスポートはコピーし、パスポートNo.と発行年月日は控えておく。

現金紛失

対処法:クレジットカードでキャッシングする。または日本から送金してもらう。
対策:必要最小限の現金しか持たない。持つ場合は小分けに。

トラベラーズ・チェック(T/C)紛失

対処法:緊急連絡先に電話し、最寄りの発行機関で再発行してもらう。
対策:所持人のサインは購入時に済ませ、発行控えを保管。使用したT/Cの番号は控えておく。

クレジットカード紛失

対処法:至急カード会社に連絡し、無効手続きをとる。カード会社によっては現地で再発行ができる。
対策:カードNo.と有効期限を控えておき、カード会社の緊急連絡先をメモしておく。

航空券紛失(eチケットでない場合)

対処法:航空会社へ再発行を依頼する。
対策:航空券のコピーをとり、購入した会社の連絡先をメモしておく。

荷物紛失

対処法:警察に届け、紛失・盗難届出証明書を作成してもらう。
対策:航空券のコピーをとり、購入した会社の連絡先をメモしておく。海外旅行傷害保険に加入しておく。

【参考リンク】パスポートをなくしたら
http://prepare.arukikata.co.jp/1_1_4.html

現地で必要な知識
旅の準備と手続きTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について