地球の歩き方

閉じる

海外のレストランでのチップについて

チップは日本にはない習慣なので戸惑うことが多い。しかし、外国ではチップは従業員の報酬の一部となるもの。大人のマナーとしてチップの基礎知識を知っておきたい。

チップの額

金額は国によって異なるが、欧米では料理や飲み物の合計額の10〜15%が相場とされている。耐え難いような最低のサービスをされた場合はチップを置く必要はないかもしれないが、通常のサービスを受けたら置くのは常識。また、香港などでは、おつりの小銭をそのまま置いてくるのがスタンダード。なお、アジアではチップを必要としない国も多い。

注意点

チップの習慣がある国でも、最初から勘定に加えられて請求されている場合がある。二重に支払うことはないので、請求書の内容をしっかりチェックしよう。

現地滞在を楽しむ
旅の準備と手続きTOP