地球の歩き方

閉じる

海外のレストランでのマナーとエチケット

レストランで思い出に残るひとときを過ごすには、大人としてマナーとエチケットを心得ることが大切。知っておきたいポイントを紹介する。

シーン別マナーとエチケット

レストランに到着

入店したらまず挨拶をしよう。予約を入れてある場合は名前を告げる。勝手に店内へ入らず、案内されるまで待とう。

テーブルへ

レディーファーストを忘れずに。女性が前を歩き、着席するのも女性が先。案内されたテーブルの位置が気に入らず、別の空席を希望するときはその場で申し出ること。変えてくれることもあるが、「先約があるので」と断られることもある。

料理をオーダー

メニューを開いて疑問があるならスタッフに質問すること。日替わりメニューが用意されていることもあるので、「本日のおすすめは?」と聞いてみるのもいい。もし、注文が決まっていないのにウエーターがオーダーを取りにきた時は待たせておくのはよくない。すぐに決められない場合は、「もう少し時間を下さい」と申し出ること。

食事中

音を立てないことが基本。特にスープやパスタを食べる時は要注意。すすって音を立てないようにしよう。ボトルでワインを頼んだ場合、グラスに注ぐのはウエーターの仕事。近くにウエーターがいなかったら自分で注いでもよいが、女性はどんな場合でも(自分にも)注がないこと。また、食事中のタバコは厳禁。アメリカやオーストラリア、シンガポールなどでは、エアコンの利いたレストラン内は全面禁煙になっている。
なお、わからないことがあった場合はレストランのスタッフに尋ねること。質問することは恥ずかしいことではない。

支払い

基本的には着席したまま勘定を頼み、支払うときも席についたままでいい。現金、トラベラーズチェック、クレジットカードいずれの場合も同様。頭を悩ますのがチップだが、勘定書にサービス料が含まれていないかを確認すること。後はその国の事情に応じてチップを置く。なお、クレジットカードを使用する場合、カード伝票の所定欄にチップ額を記入することも可能。

現地滞在を楽しむ
旅の準備と手続きTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について