地球の歩き方

閉じる

リコンファーム

リコンファーム(Reconfirm)とは、フライトの予約再確認のこと。電話でしてもよいが到着時に空港で済ませてしまうと安心。

リコンファームとは

リコンファームは、飛行機を予約したのに実際に搭乗しない人を少なくすることが目的の予約再確認のこと。そのため、航空会社によっては、リコンファームがなかった乗客の予約は、自動的にキャンセルされてしまうこともある。ただ、最近では、多くの航空会社が「リコンファーム不要」としており、特に日本に就航している会社のほとんどが不要。航空券を購入した際には、リコンファームが必要かどうか確認するようにしよう。

到着時の空港で済ませると便利

リコンファームは基本的に出発の72時間前までに航空会社のオフィスに電話を入れるか、直接カウンターに出向いて済ませる。リコンファームをしないとオンシーズンで混雑した便の場合、まれに予約がキャンセルになることもある。電話でのリコンファームに自信がない人は、到着時に航空会社のカウンターに立ち寄って、その場でリコンファームを済ませてしまおう。

リコンファームの方法

航空会社のオフィスに出向き、航空券を提示して「Reconfirm, please」と言えばいい。電話の場合も同様。「Reconfirm, please」の次に予約してある便名、フライト日、出発地、名前を告げる。この際、滞在先のホテルの電話番号を聞かれることが多い。何かの事情で搭乗予定のフライトがスケジュール変更になったり、キャンセルになったりした場合に連絡をするためだ。

空港・機内ガイド
旅の準備と手続きTOP