地球の歩き方

閉じる

航空券の見方

ISSUED BY: 航空会社名

利用する航空会社名が記されている。スケジュール欄などで航空会社名を記す場合はキャリアコード(2レターコード)が使われる。

DATE OF ISSUE: 発券日

航空券が発券された日付が記入される。この日付がないと、航空券は無効になる。

CARRIER / FLIGHT: 航空会社 / 便名

航空会社名がキャリアコードで記されている。その隣の数字が便名。

CLASS / DATE / TIME: クラス / 日付 / 時間

座席のクラス名が記されている。エコノミーはM、Y、Wなど、ビジネスはC、Jなど、ファーストはF、Pなど。航空会社によって異なる。さらに出発日、出発時間と続く。

NAME OF PASSENGER: 搭乗者名

搭乗者の氏名が記されている。パスポートの記載と同一でなければならない。

FROM / TO

出発地と到着地が記されている。例えば成田空港発ソウル仁川空港行きの場合、FROMがTOKYO / NARITAでTOがSEOUL / INCHEON。

RES.: 予約状況

OKは予約済み、RQはリクエスト、OPはオープンの状態。搭乗する際はOKになっていなければ搭乗できない。

RESTRICTIONS: 利用条件

このチケットを利用する際の条件が記されている。この場合はVALID ONLY FLT / CLS / DTE SHOWN(記載されたフライト、クラス、日付のみ有効)。

ALLOW: 無料手荷物許容量

無料で機内預けできる荷物の重量がK(kg)で記されている。

DOCUMENT NUMBER: 航空券番号

この番号を控えておくと、航空券を紛失した場合の再発行がスムーズ 。

旅の知識
旅の準備と手続きTOP