地球の歩き方

閉じる

実践編~1~
フリーWi-Fiを利用する

フリーWi-Fiは、無料で利用できる点が最大のメリット。ただしWi-Fiルーター設置エリア周辺(50m~300m)でしか使えず、利用できるタイミングが限られる。通信速度やセキュリティ面に不安があるが、現地でネットをほとんど利用しないという人なら十分と言える。

1.フリーWiFiの仕組み

ホテルやカフェなどの公共施設が、施設利用者のために無料で使えるように設置したWi-Fiルーターが、フリーWi-Fiだ。
Wi-Fiの電波が届く範囲内であれば、Wi-Fiルーターを通じて、スマホやパソコンをインターネットに接続することができる。

パスワードが必要ないフリーWi-Fiもある一方、施設利用者以外の「ただ乗り」を避けるために、パスワード設定をしたうえで、施設利用者のみにパスワードを教えている場合もある。

2.フリーWi-Fiってどこで使えるの?

ホテル、カフェ、レストラン、ショッピングモール、空港、駅などに、施設利用者のためにフリーWi-Fiルーターが設置されていれば、使うことができる。 これらの場所で、スマホの「設定」アプリの「Wi-Fi」を開けば、Wi-Fi一覧が表示される。 ただし、表示されるすべてがフリーWi-Fiというわけではない。施設の公式のWi-Fiかどうか、案内表示やWi-Fiネットワーク名などで確認しよう。

3.フリーWi-Fiの特徴と注意点

フリーWi-Fiは、とにかく無料で使えるのがメリットだ。
パスワードを入力しなくてもつながるタイプもあるが、ホテルでは、チェックイン時にフロントで教えてもらえるシステムだったり、客室内の案内に書かれていたり、ということもある。

ただし、フリーWi-Fiにはデメリットもある。
まず、フリーWi-Fiが使えるエリアが非常に限られる、ということ。スマホを急に使いたいと思っても、エリア内でなければネット接続ができない。
また、例えばホテルでも、「ロビーでは使えるが(無料)、客室では使えない(有料)」というケースもあるのだ。

Wi-Fi接続がすんなりとできないこともある。
フリーWi-Fiの場合、ホテルのフロントなどでパスワードを教えてもらうだけで苦労したり、スマホ画面に見慣れない現地語のウェブページ(接続設定のためのウェブサイト)が表示されて、指示どおりに操作してもつながらなかったり、ということが多々あるようだ。
スマホの機種やOSの違いで、うまくつながらないこともある。

さらに、人の多い場所にWi-Fiルーターが設置されることが多いため、多くの人が同時に接続し、通信速度が遅くて使いものにならない、ということも。

フリーWi-Fiでもっとも懸念されるのは、セキュリティの問題だ。
Wi-Fiルーターに、適切なセキュリティ設定が行われていない場合、通信データを盗まれたり、スマホが第三者に監視されたりする可能性がある。

フリーWi-Fiの危険性とセキュリティ対策

フリーWi-Fiのいちばんデメリットは、セキュリティに問題があることだ。

スペインのバルセロナ空港で行われたある実験では、フリーWi-Fi利用者について、6割以上の確率で端末やユーザーの身元を特定できたという報告がある。(出典

そして実際に、フリーWi-Fiで、SNSのアカウントやパスワードが抜き取られる事件は起きている。
これらが抜き取られた場合、「さらに重要な情報を盗まれる」「なりすましで買い物をされる」「詐欺に利用される」といった事態に陥る可能性も否定できない。

セキュリティ対策としては、「スマホにセキュリティアプリを入れる」「スマホにVPNアプリ(※)を入れる」といったことで挙げられるが、絶対に安全とは言い切れない。

※VPNとは、仮想的にプライベートなネットワークを構成することで、第三者に侵入されないようなネット接続をすること。VPNアプリは、そのような接続をサポートするアプリのことだ。

フリーWi-Fiを利用するのであればこれらのリスクを知った上で、自己責任で利用することになる。

使える場所が限られたけど、スマホのヘビーユーザーじゃないので問題なし。ホテルで1日1回、日本の家族や友人にメールやLINEを送っただけ。とにかく、無料なのがうれしい。

事前の準備

出発前に、ホテルなど、旅先の行動範囲にあるフリーWi-Fiのスポットを調べておくといいだろう。

フリーWi-Fiを利用できるホテルを予約して、出張へ。しかし通信速度が遅く、メールの送受信などにひと苦労。さらに無料Wi-Fiはホテルのロビーだけで、部屋が有料という落とし穴も。

事前の準備

フリーWi-Fiの利用に不安を感じるなら、別の手段も考えておくと良いだろう。
海外用モバイルWi-Fiルーターをレンタル
携帯電話会社の海外パケ放題を利用

旅の準備
旅の準備と手続きTOP