地球の歩き方

閉じる

音声通話編
海外で音声通話はできる?

ここまで、基本的にモバイルデータ通信について説明してきたが、海外で音声通話が必要になることもあるだろう。
接続方法別に、音声通話の方法と、その課金についてまとめてみた。

1.音声通話の接続方法・通話方法・料金まとめ

接続方法音声通話の方法音声通話の料金
フリーWi-FiWi-Fi携帯電話番号による音声
通話はできない。

音声通話は、「LINE」
「フェイスブックメッセ
ンジャー」「FaceTime」
などのアプリを利用した、
IP電話で行う。
Wi-Fi接続されていれば、左記
のアプリどうしの通話は無料。
海外用モバイル
Wi-Fiルーター
Wi-Fi
携帯電話会社
(キャリア)の
国際ローミング
(海外パケット
定額サービス)
携帯電話回線電話番号による音声通話が
可能。
国内キャリアの規定による料金。
現地から日本にかけても、現地
から現地にかけても、国際通話
扱いになる。また日本からの
電話は着信でも有料。
「LINE」「フェイスブック
メッセンジャー」「Face
Time」などのアプリでも
音声通話が可能。
左記のアプリどうしの通話は、
「海外パケット定額」を使う
通信なら無料。
現地SIMカード携帯電話回線音声通話ができるタイプの
SIMであれば、電話番号
による音声通話が可能
(SIMカードの電話番号
になる)。
現地キャリアの規定による料金。
現地どうしでの通話は安いが、
日本にかけると国際通話になり、
やや高額。
「LINE」「フェイスブック
メッセンジャー」「Face
Time」などのアプリでも
音声通話が可能。
左記のアプリどうしの通話は、
パケット通信料がかかる。

SMS(ショートメッセージ)は使えるの?

インターネット接続が必要なスマホのアプリはたいてい、Wi-Fiでネット接続できれば、携帯電話回線は不要だが、携帯電話番号宛てに送信しているSMSだけは、携帯電話回線への接続が必須となる。そのため、海外で、国際ローミングで接続していない状態では、SMSの送受信ができない。

とは言え、国際ローミングでSMSを利用すると、受信は無料だが、送信の場合は1通につき100円がかかる。もっとコストパフォーマンスのよい、キャリアメール、パソコンメール、LINEなどの通信手段があるので、それらで代用することをおすすめする。

※中国ではSNSなど、利用が制限されるサービスがあり、音声通話ができないことがあります。

旅の準備
旅の準備と手続きTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について